【プレビュー広島戦】先制点を与えないこと&中盤の得点がカギ

代表ウイークが終わり2週間ぶりのリーグ戦です。

前節はダービーの大勝

勝ち点を40に乗せ9位まで順位を上げる

そして航也の代表初選出

今2連勝ですが、落としていたら残留争いに完全に巻き込まれていました。

それを考えれば素晴らしい2週間を過ごせたと思います。

大切なのはこの勢いを継続することです。

「いけそうだ」

という雰囲気もありますが、そんな時のエスパルスは・・・

この繰り返しも終わりにして欲しいですね。

相手の広島はパトリックが抑えられている印象があります。

サイドに流れたり、中盤まで落ちてきたりとするプレーが目立ちます。

前節こそ5本のシュートを打ちましたが、ゴールをあげられていないので本人の調子もおとしているのかもしれません。

とは言え決定力のあるエースなので警戒してしすぎることはありません。

起点になる青山のケアと合わせて、この2つを止める必要があります。

広島は試合巧者です。

先制点を与えたらブロックを作って守る

自分たちのボールになったらゆっくり回す。

というように相手にリズムを作らせません。

前回対戦も同様にやられました。

エスパルスは前線のコンビが変わってしまいそうです。

その中で得点をどう取るかですね。

個人的には中盤選手の得点がカギとなる気がします。

金子に2桁得点を取らせたいですね。

柏が昨日負けたので、16位以下のとの差は残り4試合でポイント7差は確定しました。

今日勝てばポイント差は10になるので、残留確定と言ってよいでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする