鹿児島キャンプの3つの収穫と大きな課題

キャンプの全日程が終了しました。

収穫も課題もそれぞれ出た2週間でした。

まず収穫は

■けが人がでなかったこと

キャンプは短い間隔で試合もやりますし、基本2部練習が組まれます。

どうしてもけが人が出てしまいがちですが、今年のキャンプは大きなけが人が出ませんでした。

全員が試合に絡めてよかったですね。

■失点が少なかった

レギュラーメンバーの試合は1失点のみでした。

オプションか新システムかわかりませんが、3バックでも無失点です。

まだまだ詰めていく部分は多いようですが、結果が出たことはポジティブですね。

■新戦力の融合

エウシーニョ、ヴァンデルソンが主力組でずっとプレーをしました。

中村慶太もスタメン組で使われていたように、新戦力が高いレベルにあります。

新人の西澤も結果を残しましたね。

ヘナトはポジション的にもう少し時間がかかるでしょうか?

一方で課題は、得点につきます

全く点が取れませんでした。

メンバーの組み合わせが変わったといえばそれまでですが、結果が出ていません。

ドウグラスの不在が響か無ければよいのですが・・・

チャンスがないわけではないので、本番で集中力が高まれば結果は出てくると期待しましょう。

六平と滝が昨年よりも序列が上がったような気がします。

キャンプのトレーニングマッチの起用のされ方を見ても明らかです。

開幕スタメンも十分期待できますね。

新加入選手と同様に、チームに競争が生まれてきたのは良いことですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする