素晴らしきティキタカの裏側

エスパルスの開幕戦のゴールが海外でも話題になっていますね。

「Jリーグで素晴らしいティキタカ」

と評価をされています。

ティキタカとは時計の音を刻むの意味で

人もボールも連動して動き、幅と深さも有効活用したパスワーク

が生まれたときにこのように呼ばれます。

中村⇒金子⇒航也の前の3人の連動が印象的ですが、個人的にはファンソッコがこの流れに絡んでいたことです。

システム変更によって、CBが相手のゴール前に入ってくることになりました。

ボランチではなくCBというのが、ヨンソンの狙いなのでしょうか?

試合を通じてもソッコやヴァンが上がってくるシーンのほうが多かったように思えます。

ただこの一連のプレーが「練習通り」という言葉が聞けたことはうれしいですね。

海外でも称賛されるプレーが、偶発的なものではなく、意図したものというのは今後に期待ができます。

ホーム開幕戦でも同じようなシーンを何度も見せてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする