【プレビューG大阪戦】相手は前節緩い守備 決定機を決めて勝ち点3を!

今日はホーム開幕戦です。

前節は先制するも後半に追いつかれドローだったので、今シーズン初勝利を期待したいですね。

エウシーニョがまだ戻ってこれそうにないので、前節と同じメンバーになる可能性が高そうです。

おそらくシステムも3バックシステムだと思います。

ただ最終ラインの並びについて試行錯誤しているという情報もあります。

前節は

ソッコ 立田 ヴァンデルソン

という並びでした。

それを少し変える可能性がるようです。

最終ラインの攻撃参加にもの足りなさを感じているみたいですね。

前節でビルドアップに詰まる場面は確かに多かったですね。

もう少しスムーズに持ち上がった欲しいということだと思います。

守備では簡単に裏を取られないようにケアしてほしいですね。

相手のガンバはシステムが異なります。

ギャップをどちらが効果的にとれるかがポイントです。

前節の横浜戦は3失点をしています。

前評判ではリーグ屈指の守備力という評価もありました。

日本代表のGKとCB

さらに韓国代表のCB

この真ん中は確かに強固そうです。

しかし前節は

「人はいてもボールホルダーへのプレッシャーが弱い」

という印象を強く受けました。

ズルズルとゴール前に押し込まれる感があります。

今節は修正してくると思いますが、付け込む隙は十分ありそうです。

個人的に相手で一番気になるのはやはり遠藤です。

大ベテランですが開幕間もないのでコンディションも良いでしょう。

スイッチを入れるのはこの選手だと思います。

ファンウィジョに警戒が集まると思いますが、そこで仕事をさせないためにも、ここは抑えなければならないと思います。

単調な縦パスであればエスパルスの3バックで跳ね返せるはずです。

しかし、違うリズムで来られた時の対応はまだこれからだと思うので、1つ前の守備が重要になると思います。

エスパルスは昨年同様、前節も高い決定力を示しました。

今日も決定機をしっかりと決めることが、勝ち点3への近道です。

ホーム開幕戦の4年ぶり勝利を期待しましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする