【レビューG大阪戦】結果は大敗 あのレベルのミスをしては勝てない

2019シーズンのホーム開幕戦は大敗に終わりました。

先制するも追いつかれ、後半は3失点をし敗れました。

結果は大敗でしたが、個人的にはスコアほど負けていない気がしています。

相手の1点目は完全に崩されましたが、残りはすべてミスです。

六平、ヴァンデルソンと慣れていない選手の信じられないミスによる失点です。

あのレベルのミスを繰り返せば、トップリーグでは当然こういう結果になります。

慣れていないというのは何の理由にもなりません。

以前の、大量失点をしていたころに比べれば、中身が違います。

メンバー、システムの入れ替えで十分対応できると思います。

ミスをしたらこうなるという教訓を改めて得たと思えばよいのではないでしょうか?

それよりもミスをした選手への周りの選手の対応です。

2失点目の直後にミスの当該人である、六平、ヴァンデルソンに声をかける選手がいませんでした。

スタンドから見てわかるくらい、明らかに動揺をしている姿がありました。

年齢的には上の選手たちのミスです。

若い選手たちではなかなか声をかけることができないのでしょうか?

この部分は竹内不在が響いたと言ってもいいかもしれません。

ミスの失点ですがアデミウソンのゴールはひどすぎますね。

飯田の守備の軽さは修正できないのかもしれません。

あんなセットプレーが決まってしまうのは、相手チームとしては楽ですね。

後半キックオフの前、しきりに立田が飯田に指示を出していました。

しかし見る限り飯田は理解できていないのか、聞こうとしないのか、立田が強いジェスチャーを見せていました。

飯田も攻撃では非常に良いところを見せていたので残念ですね。

それを帳消しにするくらいのひどい守備です。

後半10分までは良い時間帯でした。

ここで得点をとれていれば、結果は違ったと思います。

自分たちの時間帯で決め切らないと、相手のペースになるというサッカーの典型の形でした。

ただし、リードされてからの試合はひどいですね。

普通負けているチームは相手を押し込むことが多いのですが、まともにパスもつながらず、一方的でした。

気持ちが切れている選手は外したほうが良いでしょう。

基本的なプレーをしっかりすること

決定機を決め切ること

まずはここを突き詰めることですね。

慶太の躍動

滝のデビュー戦ゴール

など得るものもありました。

初勝利をするまで長引くと、チームの雰囲気が重くなります。

次節での勝利がほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする