【レビュー ルヴァン松本戦】収穫がほとんどなく敗戦

ルヴァンカップでも勝てませんでした。

システムを4バックに戻したりとしましたが、相手にペースを握られ終盤に失点し敗戦です。

ヘナトのゴールの後の10分くらいはペースを握りましが、それ以外は相手ペースでした。

その時間帯も決定機は創れず、ボールを何とか回していると言ってもよいかもしれません。

正直、評価する点が見いだせないですね。

レギュラーの竹内やヴァンデルソンが不安定で失点にも絡んでいましたし、若い選手たちも前向きなプレーが見られませんでした。

特に高橋はほとんど横パスかバックパスでした。

相手のプレスにボールを下げさせられ、ロングボールを蹴らされ、相手ボールへ。

これがずっと続きました。

相手もパスミスが多く効果的に攻めてはいられない印象もありますが、シュートには繋げられています。

縦パスが入るし、高崎のケアが全くできていませんでした。

なかなかポジティブなものが出てきませんね。

強いて言えばヘナトが90分プレーしたことでしょうか?

少しボールへの食いつきが強いので、バランスを重視する監督に評価されていないのかもしれません。

とはいえ、ゴールもあげましたし、ボール奪取も何度もありました。

広い範囲でプレーもできて言いましたし、昨日の試合では一番目立っていたのではないでしょうか?

あとは途中から出た立田でしょうか。

貫禄が出てきましたね。

ちょっと違うレベルでプレーをしていました。

最後のパワープレーでもしっかりと絡んでいましたし、役割は果たしてくれたと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする