結果が出ないエスパルスが進化したものは

エスパルスはここまで全く結果が出ていません。

しかし、昨シーズンより進化した部分があるとすれば

「ポゼッション」

「遅攻の精度」

があげられると思います。

前節もゴールに相手ゴール迫る際に、パスをつないで進むことができていました。

実際にパス数を見てみると

2018シーズン @389本

2019シーズン @457本

という結果が出ています。

成功率自体は80%と昨年と同様です。

ただ前節も、結局は相手のミスからの得点しかあげられていないので、効果的かと言えばそうではないかもしれません。

クロスやシュートの精度に課題を残しています。

大量失点の時も致命的なミスパスからの失点があります。

まだまだ中途半端な状態ということでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする