【レビューFC東京戦】最低なセンターバックと采配

また負けました。

後半開始早々に初スタメンのヘナトのクロスから北川が得点をあげましたが、きっちりと逆転されました。

相手は途中交代した選手の得点とアシストです。

チーム全体でつかみ取った逆転勝利と言えるでしょう。

一方エスパルスは、守備のもろさをまたまた露呈しました。

このCBでは失点が止められないではないでしょうか。

1失点目は相手にずっとマークについていたにも関わらず、簡単にニアに入られて失点。

2失点目はくさびのボール対してつぶせずに、ワンツーでぬけられて失点。

トップリーグのCBのするプレーではないですね。

全体としてはブロックを作って、守れていたと思います。

相手も外で回す場面が多かったですし、中を固めてサイドに出させるというのは戦術だったと思います。

相手も焦れてきてむやみにスルーパスを出す時間帯もありました。

しかし肝心の

「中の要の守備」

がお粗末すぎます。

これまでのエスパルスの試合をみて臨むチームは、確実に点が取れると自信をもって来ることでしょう。

このままでは失点を防ぐことは難しそうです。

攻撃でも、2つの1対1の決定機を決めていれば勝てたかもしれません。

枠にすら飛ばせていません。

相手のDFラインのミスを突けませんでした。

守れなければ得点を取るしかないのですが・・・。

負けていてもカードを切りきれない

ラストプレーだというのにボール回しをしている

一体、何がしたいのかわからないですね。

監督の

「内容は良かった」

はこれ以上聞きたくありません。

内容が良ければ、少なくと何試合かは勝っているはずです。

唯一の未勝利チームという自覚はあるのでしょうか?

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする