外国籍選手のフィット具合に変化と差

前節のFC東京でリーグ初先発をしたヘナトは活躍をしました。

なかなか使われなかったのですが、持ち前の守備力を発揮してくれました。

FC東京のサポーターも

「中盤の守備が弱いと聞いていたのとは違う」

と言っていました。

まだまだ課題はありますが、主力となるポテンシャルを示してくれたと思います。

もう1人の新外国籍選手のヴァンデルソンはどうでしょうか?

3バックの時はスタメンとして出場していましたが、G大阪戦で大きなミスを連発して外されました。

技術的な面と精神的な面で課題を抱えてしまった感があります。

ただ、そこから時間も経っているので、チームにも、Jリーグにも慣れてきてほしいと思います。

しかしながらルヴァンのG大阪戦のプレーを見ると厳しいですね。

相変わらずビルドアップのパスを相手に渡してしまいました。

またセットプレーでは自分のマークを外してしまっています。

失点シーンはまさにその典型ですね。

ヴァンデルソンは現時点では厳しいですね。

GMの会見で

「見ないで獲得した」

とありましたが、やはりそれだと難しいのでしょうか・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする