【レビューC大阪戦】3つの「初〇〇〇」を達成!

今シーズン

ホーム初勝利!

初のクリーンシート!

初の連勝!

を達成しました!

相手はソウザ一人のチームという感じでしたね。

前線の選手の連動はなく、空いたスペースにソウザが上がってきたときに怖さがあったくらいです。

サイドの選手も質の高いサイドチェンジのボールをトラップミスしたりと自滅をしていました。

もししっかりと収められて、クロスを多く入れられていたら失点をしていたかもしれません。

ヘナトの守備がものすごく効いていました。

多くのピンチの芽を摘み取っていましたね。

運動量もものすごく多いですし、貢献度はものすごく高いですね。

まだまだ伸びしろはありそうなので、今後も大きく期待していい選手だと思います。

けが人で左サイドが河井になりました。

この影響かわかりませんが、松原が試合開始直後に右足を何度か使っていました。

しかも逆サイドの金子まで届いていたので、何か変化があったのでしょうか?

中村慶太が復帰までどれだけかかるかわかりませんが、連携を高めてほしいですね。

十分機能していたかというとそうでもありません。

守備については体を張って守ろうとする意識がありました。

後半開始早々の大きなピンチも、全員が体を張ったから守れたのだと思います。

まだまだ弱さを感じますが、無失点で抑えられたことは自信にしてよいでしょう。

前線からしっかりと連動して守れた成果です。

5バックの逃げ切り布陣も機能していましたし、結果が出てよかったですね。

その守備の我慢のかいがあって得点が生まれました。

時間帯的にもエスパルスが弱くなる時間帯でした。

足が止まりかけて、なんとか勝ち点1を取りに行く展開かと思いました。

そんな中、GKからのロングパス2本のカウンターが決まりました。

相手の穴をしたたかに狙って走りきったエウシーニョ

そこをしっかりと狙って、駆け引きをしたうえでボールを届けた六反

自陣からボールが出るのを信じて走り切った航也

この3人の意図が合わさって生まれたスーパーゴールです。

全く角度が無いところから決めたのもすごかったですね。

記憶に残るゴールになると思います。

ようやく戦う姿勢がみられるようになりました。

昨シーズン終盤の雰囲気が少し出てきた気がします。

シーズンがようやく始まった感がありますね!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする