【プレビュー浦和戦】ボールを持つのではなく持たせたい試合

今日は「平成」最後のゲームです。

勝って終わりたいですね。

エスパルスは未勝利から一転して連勝しました。

次に目指すのは5分の成績です。

それにはまだまだ勝利を重ねる必要があります。

相手は5位の浦和です。

順位は上位ですが得点はわずかに6です。

しかもその半分がPKで、セットプレーからが2点です。

流れからの得点はわずかに1です。

それで4勝しているというのが、今の浦和の持つ強さと言えるでしょう。

クリーンシートは4試合もあります。

エスパルスが平成最後のゴールをあげるのは簡単ではなさそうです。

守備の時は5枚のブロックを作ってきます。

この形になると、なかなか崩すのは難しいですね。

できれば相手に持たせるカタチをとって、ショートカウンタで仕留めるというのが理想です。

エスパルスは数多くのシュート打っています。

今日の試合はより決定力をあげることが求められます。

前節のカウンターのように1つのプレーに集中すれば、得点機は訪れるはずです。

気になる点はボールポゼッションです。

エスパルスは昨シーズンよりボールを持つ機会が多くなっています。

選手たちもそこに満足があったのではないかと思います。

今日の試合はボールを持たされる時間が多くなるかもしれません。

そうなると見た目にはエスパルスのペースに見えるかもしれませんが、勝負のことを考えるとそうは言えないと思います。

浦和も今シーズンはポゼッションを高めていません。

逆に持たせた方が、相手もどんどん前に出てくるのではないでしょうか。

そこでちゃんと奪いどころを定めて守るというのが理想ではないでしょうか?

奪いどころはヘナトのところでよいと思います。

中を固めて、クロスをしっかりと跳ね返すことですね。

エスパルスは全試合で得点を取っています。

「失点しなければ勝てる」

という前向きな気持ちで、全員で集中して平成最後を締めくくりたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする