【レビュー天皇杯2回戦】J3最下位相手に大苦戦 高木和が奮闘

天皇杯2回戦はJ3の最下位の長野相手でしたが、大苦戦をしました。

アディショナルタイムの得点で辛くも勝利しました。

昨年、同様格下の相手に苦戦しての勝利です。。。

シュート数は

エスパルス 10本

長野 4本

という結果でしたが、長野のシュートは全て決定機だったのではないでしょうか?

高木和のセーブが無ければ、3失点をしていてもおかしくありません。

その決定機を取り上げても、エリア内で相手の人数のほうが多いですね。

エスパルスは攻撃時に、エリア内には1人しか入れていません。

しかし長野はもっと勢いを持って入ってきています。

トラッキングデータがないのでわかりませんが、運動量が少なかったのではないでしょうか?

選手の距離感もあまりよくなさそうでしたね。

ミスも非常に多かったこともその要因でしょう。

好材料と言っては良くないのですが、高木和がGKとして存在を示したことが、リーグ戦にもつながる材料でしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする