次節対戦 G大阪分析 全試合出場の2トップへのパスを抑えること

次節対戦のG大阪についてデータを見てみました。

まず、最近のG大阪は負けていませんでした。

前節こそ首位のFC東京に敗戦しましたが、その前は6試合負けなしです。

この間にシステムも4バックから3バックに変更しています。

その中でメンバーも流動的になっています。

メンバー構成によっては3バック1ボランチのような形になり、あまり見ないシステムにもなります。

前節は首位相手でしたが立ち上がりから圧倒して、あっという間に先制点を奪う破壊力があります。

その攻撃を支えるのが2トップです。

アデミウソンとファンウィジョの2人だけが、フィールドプレイヤーで全試合出場しています。

監督の信頼が最も厚い2人と言えるでしょう。

攻撃パターンは様々ですが、強いて言えばショートパスからの得点が多いですね。

中盤に人数をかけているので、ボール支配率も上がっています。

支配率自体はリーグ6位の数値です。

エスパルスとしては相手の攻撃に耐えて、カウンターによる攻撃が効果的でしょう。

神戸戦の1得点目のような攻撃が出れば、得点機が伺えそうです。

そのためにはシュートまでいかせないということです。

相手のシュート数はリーグ平均値にあるので、攻撃しきる力はあります。

2トップがそれぞれ50本以上のシュートを放っています。

決め切れていないというシーズンを送っていますが、本来の決定力はもっと高いですね。

この2トップへのパスの供給を止めて、そこからのカウンターというのが戦い方になりそうです。

後はセットプレーですね。

G大阪が特にセットプレーの得点が多いわけではありませんが、エスパルスはやられています。

勝ち点2差の相手ですので、結果によっては順位が変わります。

アウェーですが、ホーム開幕戦の借りを返したいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする