【プレビューG大阪戦】攻撃はカウンター、守備はCBの間

今日はアウェーG大阪戦です。

今シーズンはルヴァンを含め3回対戦をしていますが勝利できていません。

今季最後の対戦になる可能性もあるので、勝利を収めたいところです。

相手は少し変わったシステムを取っています。

3バック1ボランチという形です。

前目とサイドを厚くして、相手陣内でボールを保持するスタイルを目指しているのでしょうか。

得点パターンもショートパスからの得点が比較的多いですね。

エスパルスとしてはCBの間を取らせないことでしょう。

これまであまりにもあっさりと通過させて失点をしています。

今日は立田と二見というコンビになりますが、コミュニケーションを取ってしっかりと閉めてほしいですね。

相手の2トップは強力です。

ファンウィジョはボルドーへの移籍が報道されたので、出場するかわかりませんがアデミウソンだけでも脅威です。

今シーズンは決定率がイマイチですが、そんな数字は関係ない選手だと思います。

そろそろクリーンシートを達成して、守備陣にも自信を持ってほしいですね。

正直、勝利するより難しいミッションのような気がしますが・・・

攻撃については相手がエスパルス陣内に多く侵入してきているはずなので、カウンターを狙うには絶好の相手かもしれません。

神戸戦の先制点のように、2トップが一気に抜け出すカタチガ見られるかもしれません。

相手ももちろん警戒をしていると思いますが、ドウグラスは正直止められる相手ではないでしょう。

自陣の守備ブロックの前で奪って、一気にカウンターという機会を何度か作れれば、得点は取れるはずです。

東口のシュートストップを超えなければならないのが、最後のミッションですね。

簡単に点が入るとは思いませんが、相手が保持する形にはなると思うので、最近のエスパルスとしてはやりやすいのではないでしょうか?

相手のFWへのパスの供給をいかに止めるかが大事ですね。

前節は前からの守備を非常に頑張っていました。

今節も立ち上がりからしっかりと追うことが重要ですが、その姿を連続して見せてくれるでしょうか。

ここも気になるところです。

連勝すればまた上が少し見えるかもしれません。

勝ち点3を持って帰りましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする