【レビューG大阪戦】キーポイントは立ち上がり

アウェーのG大阪戦は残念ながら敗戦に終わりました。

失点シーンだけを見ればミスによる失点ということになります。

ただこれまでの試合と比べれば粘り強く守れていたのではないでしょうか。

何回かエリアに侵入された場面もありますが、DF陣も身体を張ってクリーンに止めていました。

ただそこまではいられているという事実があるので、もう1つ前の守備を整備する必要があるでしょう。

G大阪のプレーの選択が良くなかったので、ピンチにならなかったのかもしれません。

遠藤が入ってからは、彼にラストプレーの1つ前のプレーを創り出されました。

プレーメーカーとしての存在感はさすがでしたね。

そこからは枠内シュートを何本か打たれるようになりました。

昨日は西部もミスもなく泊めてくれたのですが、ヘナトが滑らせたことで失点をしてしまいました。

事故のような失点でしたが、ずっと相手の攻撃が続いていたので、耐えきれなかったという結果ですね。

やはり自分たちの時間帯で得点を取らないとこういう結果になるということです。

ですから私は昨日の試合のキーポイントは立ち上がりにあったのではないかと思います。

開始早々いきなり裏を取ってビッグチャンスになりました。

さらにはCKが連続で続きました。

あそこで決め切れていれば、違う結果になったでしょう。

若いメンバーが多いG大阪は、前半は勢いを失ったのも事実です。

後半になって立て直してきましたからね。

河井とエウシーニョでためを作ることで、左の松原が1対1になるシーンが増えました。

そこからチャンスが作れればいいのですが、クロスに対してニアに入る選手がいないですね。

竹内か河井が頑張って走ってそこには入れれば、ドウグラスと北川のマークもズレると思います。

篠田監督も前線のクオリティとコメントしていました。

ドウグラス頼みの戦術から成長を期待しましょう。

次節からは非常に厳しい戦いが続きます・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする