【プレビューFC東京戦】「仕方のない失点」を避けることが重要

エスパルスは前節無得点で敗れました。

ドウグラスの連続得点も止まり、久ぶりの無得点でした。

試合終了間際のミスの失点で敗れましたが、もう少しで無失点に抑えられるところまで来ました。

とは言え

攻撃が良ければ守備が・・・

守備が良くなれば攻撃が・・・

というのは安定して勝ち点を取れないチームになりがちなことです。

逆にどんなパターンでも勝ち点を取ってくるのが上位チームです。

それが今日の相手FC東京です。

13節まで負けなしというのは驚異的なペースでした。

ここにきて下位チームに取りこぼしが出てきていいるので、そこを突いて行きたいですね。

エスパルスは上位チームとの失点では

「仕方がない」

と思わせるような失点が多くあります。

前回の逆転ゴールも、縦のワンツーで裏を取られて失点しました。

あの場面は立田が1人で対応しなければならなくなっていました。

そのシーンだけ切り取れば、仕方のない失点になります。

ただその前の守備で対応できていれば、DFやGKがノーチャンスの場面にはならなかったでしょう。

個で抜け出し決め切れる力が相手の2トップにはあります。

エスパルスはそこをどう抑えるかがポイントです。

相手は全員がクオリティが高い選手です。

どこを守備の狙いどころにするかが指揮官の手腕が問われます。

古巣ですし特徴は十分に分かっているでしょう。

その経験を発揮し、首位撃破と行きたいですね。

今日から非常に厳しいゲームが続きます。

まずはその最初を限定ユニで勝利し、良いジンクスを創り上げてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする