【レビューFC東京戦】強者の戦い方というのはこういうもの

首位の対戦は力の差を見せつけられました。

エスパルスの見どころは立ち上がりの15分だけだったかもしれません。

決定機を迎えましたが枠に飛ばせず、得点をあげられませんでした。

この展開は前節同様です。

15分にカウンターから一気にゴール前までもっていかれ、一度は遅らせるもミドルを叩き込まれました。

この一発でエスパルスの重心は後ろにかかるようになりましたね。

前からのプレスが連動せず、少しずつ遅れていくようになりました。

完全に相手に主導権を渡してしまいました。

格闘技でいえば、強者が最初だけ相手に攻めさせてる。

そしてある程度したところでガツン一発いれてダウンを奪う。

そして相手は戦意を失う。

そんなことを想像させる試合でした。

全体的に選手のクオリティの差がありました。

全てのプレーの判断が相手が早いですね。

例えばそれがコンマ何秒だったとしても、400本のパスで積みあがっていけば、大きな差となります。

守備のプレスのかけ方もそうですね。

エスパルスの前線は永井のプレスのかけ方を参考にすればよいのではないでしょうか?

1人でエスパルスのDFやボランチのボールを奪う勢いがありました。

1個前とその次のプレーも予測してプレスをかけているのでしょう。

プレスではめるというのはそういうことです。

目の前の相手にボールが入ったからアプローチに行くのでは遅いですからね。

この判断スピードの差は特に中盤で顕著でしたね。

失点してから何回効果的なプレーをさせてもらえたのでしょうか?

監督もどうにもならないので、システムを変え、メンバーも変えてみましたが効果がありませんでした。

むしろ動けば動くほど悪い方に向かっていく、最近はそんな流れになってきました。

改めて昨日の試合は「弱いな~」と思いましたね。

負けているのに後半はのシュートは立ち上がりの一本だけです。

よく2失点ですんだというのが率直な感想です。

連敗して中断期にはいります。

長いトンネルに入らなければ良いのですが・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする