キャンプのトレーニングマッチ「6」という数字の捉え方

キャンプの総決算ともいえる練習試合が行われました。

相手は昨シーズンまでJ1だった松本です。

45分×4本と2試合に相当する時間のゲームを行いました。

得点は

西澤

西澤

ソッコ

福森

テセ

と6得点奪うことができました。

サイドからの攻撃

セットプレーからの得点

これまで重点的に取り組んできたカタチが結果に結びつきました。

非常にポジティブな点だと思います。

しかし、一方でもう1つ事実があります。

それは6失点という結果です。

得点力が特徴ではない松本相手に6失点です。

ミスからの失点がほとんどのようですが、ミスだからと切り離していては進化はありません。

失点シーンは失敗の結果です。

この結果をどう受け止めるかが重要です。

「仕方がない」で済ましていては、シーズンインしてからも繰り返すでしょう。

全てを一気に改善できないにしても、検証だけはすべきです。

トレーニングマッチだから出せた課題なので、無駄にはしてほしくないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『キャンプのトレーニングマッチ「6」という数字の捉え方』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2020/02/04(火) 09:23:53 ID:fa0f86e6d 返信

    朝のマリンパルで、2年目に松本はメンバー入れ替えを行った要因もあるとフォローしてました。ご参考まで。

  2. 名前:通りすがり 投稿日:2020/02/04(火) 09:46:57 ID:fa0f86e6d 返信

    2年目→2本目のまちがいです。すみません

  3. 名前:さいとぅ~ん 投稿日:2020/02/04(火) 14:05:19 ID:576df85fa 返信

    通りすがりさん
    コメントありがとうございます。

    情報の共有ありがとうございます!
    得点の仕方、失点の仕方に影響があったのかもしれませんね。