【レビュールヴァン川崎戦】ハッキリと出た良かった点と改善点

2020年の最初の公式戦は1-5と厳しい現実を突きつけられました。

カップ戦ですし、初戦ということもあり、あまり結果を強く受け止めている人はいなさそうです。

監督や選手のコメントでも、特に危機感を感じたものはなかったですね。

良かった点と改善点がはっきり出たゲームですね。

個人的に良かった点は、90分間サッカーを続けられていたという点です。

最後まで走れていましたし、チームとして意図をもってプレーをしていました。

昨年も失点が重なると、前に行きたい選手と後ろに残りたい選手が分かれてしまい、距離感が非常に悪く、サッカーをすることができなくなっていました。

それに比べるとポジティブな点だと思います。

改善点は5失点もしているのでたくさんありますが、目に余るのはサイドの守備の強度です。

人はいるのにあそこまでスコンスコン抜かれて、フリーでエリアに侵入されています。

CBやGKが勝負する場面がなかったですね。

その前に縦パスが入った時のボランチの守備の強度も弱いですね。

くさびに対してはもっと厳しくい行く必要があるでしょう。

竹内、西村共に言えることです。

そのあとサイドに展開されて失点をしています。

個人的な能力とチームとしての役割の両方で改善すべき点です。

リーグ開幕戦は少しメンバーを変えてくるかもしれません。

結果だけを見る必要はありませんが、相手も若手を使ったり、新しいチャレンジをしているという段階です。

その相手に1-5で負けたということが現実です。

また
「雨の中多くの人がお金をつかって見に来ている試合である」
という事実は受け止めてほしいですね。

発展途上だからといって、捨てていい試合はないはずです。

1週間後に少しでも進歩した姿を見せてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする