【プレビューFC東京戦】生命線は攻撃から守備への切り替えの強度

いよいよ開幕です。

エスパルスはある意味リセットして臨むシーズンです。

監督とスタッフを大幅刷新しました。

また選手の入れ替えもあり、スタメンも読みにくい状況です。

戦術も全く違うものになりました。

まだまだ詰めていかなければならない状況です。

そんな中、昨年2位のFC東京が相手です。

非常に厳しい開幕戦が予想されます。

その相手もシステムの変化をしています。

4-3-3のシステムに変更になりました。

そして3トップには外国籍選手を並べています。

健太監督にしては珍しいと感じますね。

ボールを保持したら、前の3人が自由にやるイメージでしょうか。

そこにつなげるために強固なDF陣を敷いているという戦いでしょう。

非常に縦に速い攻撃が特徴になりそうです。

エスパルスは攻守の切り替えが最も重要なミッションになりそうです。

相手の攻撃陣にわたってしまった場合、数的同数になっていそうです。

そうすると個のチカラで上回られ、失点の可能性が一気に上がります。

ボールのつなぎのところで奪われることは数多くあるでしょう

その時に、もう一度奪い切れるかが生命線ですね。

そこでいなされると川崎戦のような大量失点もあり得ます。

非常にもろさが目立った、ボランチとサイドの守備の修正はしてきてほしいですね。

メンバーも変わる可能性もありますしね。

リーグ戦なので目的は勝ち点を取ることです。

良いシーンが作れた、可能性を感じたで終わらせてほしくないですね。

自分たちの戦術を詰めることも大切ですが

ゴールを奪うこと

相手の攻撃を防ぐこと

という根本の部分には、強いパワーを見せてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする