直近のシーズンから大きく落とした数値とは?

昨日ゴール数に触れましたが、改善点は決定率にありそうです。

昨年と一昨年のシュート数を決定率を見てみました。

2018年

シュート数 12.6本 12位

決定率 12.6% 2位

2019年

シュート数 12.6本 11位

決定率 10.3% 10位

2020年

シュート数 14.8本 4位

決定率 5.1% 15位

今年はまだ4試合の数字ですが、シュートは打てています。

リーグでも上位の数字です。

しかし決定率はかなり低いですね。

直近のシーズンの半分以下です。

良い形で撃てていないのか

個の力が足りていないのか

印象で言うと決定機を外しているイメージですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする