【レビュー鳥栖戦】非常に低調な内容で勝ち点1

エスパルスは今季初めて勝ち点を挙げることができました。

しかし非常に低調な内容です。

相手もこれまで無得点でしたが、あっさりと得点を献上しました。

あのシュートであれば、J1のキーパーなら止めなければならないでしょう。

さすがに経験がないでは済まされないレベルですね。

試合を通じて中央レーンの縦パスがほとんどなくなりました。

終始、横方向へのパスばかりです。

しかもその精度が悪いという結果です。

「ボールを失わなければ良い」

と思っている選手がいるようです。

サイドで縦に行ける場面でも、キープを選択して
「わざわざ相手の全員が戻るまでプレーをしない」
というシーンが何度もありました。

その後の表情を見ても、失敗したとは到底思っていなそうです。

縦に行けないため、攻撃もセットプレーしかチャンスを作れなくなりました。

なぜか相手の守備ではヴァウドをフリーにしていたので、チャンスを作れました。

カルリーニョスが初ゴールを決めたのは良かったのですが、相変わらず決定機を決められません。

誤審ともいわれていますが、ゴールを取り消すオフサイドの対象になっています。

鳥栖には申し訳ないのですが、出来は決して良くなかったと思います。

その相手に後半は自陣に押し込められ続けました。

更に自陣のあり得ないミスで決定機を献上しています。

あそこで決められないのが、今の鳥栖を苦しめている理由なのでしょう。

鳥栖は初得点

清水は初勝ち点

お互いに手にできた試合ということですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする