【プレビュー大分戦】真ん中のプレーが生まれない厳しさ

リーグを2つのブロックに分けて、移動を制限をした6試合の最終戦です。

正直、ここまでの結果になるとは思っていませんでした。

ここまで1分5敗と未だ勝利なしです。

今日はアウェー連戦から戻ってきて、ホームで大分を迎えます。

現在のチーム状況から、相手どうこうといっている場合ではありません。

基本的な戦術の構築が急務です。

リスクをかけて攻めているので、ミスが起きたら失点をするのは想定内です。

「それ以上に点を取る」という前提の戦術ですが、点が全く取れません。

一番の問題はエリア内とバイタルで効果的なプレーが生まれていないということです。

これまでの得点は高い位置からのショートカウンター

相手のミスからの得点

セットプレーを除けばこのパターンです。

ボールを保持して相手の脅威となるプレーからのゴールはありません。

センターの位置に良い縦パスが入らないことが要因でしょう。

ティーラシン、後藤が受けての役割を担っていますが、機能していません。

練習試合の藤枝や磐田相手には通用しましたが、J1の公式戦の堅さにははじかれています。

この位置にドリブルで入っていくことが必要ですね。

慶太、唯人、エウシーニョがその役割を担えそうですが、ラストのプレーの精度が良くありません。

現状は偶発的なプレーから生まれたチャンスを決め切ることが、確率として一番高いのでしょうか。

その決定機もカルリーニョス、金子、後藤が潰していますが。。。

特殊戦術なので切り替えも難しいでしょう。

繰り返し続けるしかありません。今日も我慢の試合となりそうです。

決め切って複数得点を挙げることが、勝ち点3に繋がります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする