【レビュー浦和戦】3試合連続の勝ち点奪取 最下位脱出

浦和戦は先制を許すも、セットプレーの流れから同点に追いつきました。

勝ち点1を持ち帰る結果となりました。

立ち上がりから、レッズはプレスに来なかったですね。

そのために、エスパルスがボールを持つことができました。

前半はそのおかげか、リズムよく試合をコントロールできました。

ただレッズも帰陣が早く、効果的な攻撃も少なかったですが…

それでも10本のCKのチャンスがあったので、そこで仕留めたかったですね。

相手の守備はエスパルス対策という感じではなかったので、残念です。

しかし後半は展開が全く逆になりました。

相手のターンが続くことになりました。

さすがに45分でスタミナ切れということはないでしょう。

前半のスタッツで満足したのでしょうか?

動きが全く異なりました。

失点シーンは単なる判断の悪さですね。

相手の落ち着いたプレーに全てを上回られました。

どうしてもああいうシーンは出てきてしまいますね。

減らさないことにはクリーンシート達成は難しいですね。

昨日の試合は選手によってプレーレベルが全く異なりました。

機能不全に陥っている選手が、スタメンにも交代選手にもいました。

新人の2人の方が輝いていたというのはどうなんでしょう。

リヨと唯人の頑張っている姿は希望と映る分、残念ですね。

3試合連続勝ち点を取れたことはプラス要因ですね。

最下位も脱出することができました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする