【レビュールヴァン名古屋戦】酷い結果と酷い内容で敗退

ルヴァンカップ名古屋戦は結果以上にひどい内容で負けました。

これによりグループリーグ敗退が決定しました。

システムを3バックにして臨みましたが、CBがいないことからの変更だったのでしょうか?

昨日のメンバーで2CBを組むのは厳しかったかもしれません。

ただ慣れていないメンバーとシステムのせいもあってか、全く機能しませんでした。

守備では簡単に5バック状態にされ、相手に主導権を握られ続けました。

ボールの出し手にアプローチがないので、人数はそろっていても簡単に裏を取れます。

何本かネトが止めましたが、決定機を1本のパスで簡単につくられました。

そのネトも最後は集中が切れたのか、ひどい失点をしていましたね。

期待してましたが残念です。

攻撃に関しては、わざと遅らせているのかという選手がいます。

わざわざ、相手を戻らすためにキープをしたり、バックパスをしています。

そして相手のブロックが整ったところから攻めようとする。

この状態で崩せるほど、相手は甘くありません。

結局攻撃はドゥトラの単騎突破しかありません。

相手にとっては楽勝だったでしょう。

ゲーム展開は相変わらずですね。

前半のラストプレーで失点。

選手交代がきかず、交代するたびに失速をしてく。

唯一の収穫は若手選手が試合経験を積めたことでしょうか。

良いプレーはなかったかもしれませんが、新人とユースの選手です。

出来なかったことを知ることも重要です。

唯人みたいに出来る選手もいるので、甘い考えかもしれませんが…。

最終節は消化試合です。

全員若手で構成するくらいでも良いかもしれませんね。

違いを作れない中堅やベテラン選手に機会を使うより良いでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする