【プレビュー札幌戦】最重要ポイントは攻守の切り替えスイッチ

札幌をホームに迎えます。

札幌は昨シーズン13ゴールを奪われました。

どうしてもその光景を想像してしまします。

エスパルスは大きく変わろうとしていますが、相手は成熟を高めています。

厳しい試合が予測されるのは仕方がないですね。

ポイントは裏を取らせないことではないでしょうか?

昨シーズンの失点は中盤のボールホルダにアプローチに行けずに、簡単に裏をとられるシーンが多かった印象があります。

ボールを失った後の切り替えのスピードが重要となります。

3試合連続勝ち点を取っているメンバーで臨むと思われます。

幸い、ターンオーバーをしているので、コンディションもそこまで悪くはないでしょう。

また、接触プレーを流す傾向にあるので、守備は行ききることが大事ですね。

正にここがポイントなのは、攻撃面にもあります。

札幌は失点の半数をスルーパスから喫しています。

ショートカウンターで裏を取ればチャンスを作れます。

カルリーニョスが裏に抜けられるシーンを作れれば、得点機が作れます。

西澤とカルリーニョスはカウンター特性があると思うので、このラインが活躍できると良いですね。

昨シーズンのショックを思い出さないためにも、失点をしない時間を長く持ちたいですね。

終盤失速をすることを考えると、勝つためには早めに複数得点が必要です。

カウンターとセットプレーが得点機なので、そこを活かしてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする