【レビュー仙台戦】攻撃で存在感のある選手が欲しかった、気になったプレーが…

これまでの成績からもう少し得点が動くかと思いましたが、スコアレスドローでした。

エスパルスは今シーズン初のクリーンシートです。

決定機は相手の方が多かったので、我慢して勝ち点1を取ったというゲームです。

エウシーニョ不在の影響がいくつか見られましたね。

くさびに対しての相手の守備が強かったので、サイドと裏にしかボールが出せませんでした。

このような展開だと、1枚はがせる選手が欲しいですね。

エウシーニョがいたら、何度かそういうプレーができたかもしれません。

その代わり、シンプルに裏を取ることができました。

これはプラスの要因でしょう。

ボール回しに固執せず、プレーを選択できたことは良いですね。

ただ、裏を取った後のプレーの精度が悪すぎます。

フリーで上げるクロスはもう少し、点で合わせてほしいですね。

簡単に相手DFに当てすぎでした。

後半は仙台のターンが長かったですね。

プレスのかけどころが一定していないことが要因でしょうか。

ヘナトがつり出されたりすると、バイタルがスカスカになるのは変わりません。

竹内のポジションは相変わらず不安定ですね。

変わった中村も昨日は調子が最悪でした。

危うく戦犯になりかけるシーンもありました。

少し残念だったのはティーラシンです。

収められないのは、昨日の仙台のDFでは難しいでしょう。

それよりもカウンターの場面で、相手のDFの前で止まったことです。

もっと同じラインまで入るか、裏を取る動きをなぜしないのでしょうか?

DFの間が空かず、まったくチャンスになりませんでした。

あとは金井の守備ですね。

ポジションがどこかおかしいんですよね。

不慣れということもあるかもしれませんが、続ければ綻びの原因となるでしょう。

相手指揮官が徹底的に狙ってもおかしくありません。

良かったのは立田ですね。

特にロングフィードの選択と精度が素晴らしかったですね。

代表ではたまに見せていたプレーですが、一発でビッグチャンスを作っていました。

守備でもやり切れるようになりました。

かなりの成長を見せてくれています。

梅田もこれまでで一番良かったですね。

シュートを正面で止められているのは、安定感が出ます。

しっかりと状況を見られている証拠ですね。

攻撃の面で存在感のある選手が欲しかったですね。

カルリーニョスも一番良かったのは、ズレたパスに対してファールを誘いマイボールにしたシーンでした。

フリーを外してしまったことが残念ですね。

負けなしが続けられたのは良かったですね。

特に守備陣には結果が残ったのが良かったですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする