【レビュー横浜FC戦】とんでもない選手を出さざるを得くなった選択

横浜FCにクラブ初の3連勝を献上することになりました。

エスパルスはこういったことに関わることが多いですね。

メンバーの入れ替えを言及していましたが、奥井と金井を変えただけでした。

結果的には、この選択が敗戦を招いたと言っても良いかもしれません。

前半途中から運動量が落ちていました。

前半のスプリント数が非常に少なかったですね。

これでは前線でプレスをかけても、必ず穴ができるので取り切ることができません。

また、ボールを奪っても切り替えが遅いので、相手のブロックの準備の時間を作るだけです。

失点につながったシーンもそうですが、球際が弱かったですね。

そしてヴァウドが負傷交代となりました。

振り返ってみれば、この瞬間に試合の結果が決まっていたのかもしれません。

交代で入った岡崎が失点に絡み続けます。

2失点目も3失点目もひどいプレーでした。

正直どうやってプロになったのかと思わされます。

梅田も相変わらず、不安定です。

1失点目はリフレクションをしているので、仕方がないとみえるかもしれません。

ただ適切なポジションを取れていれば、イージーなシュートのはずです。

2失点目も出るか出ないか躊躇していました。

これは毎試合起こっていることです。

毎試合これだけ失点をすれば、勝てるわけがありません。

個のチカラが足りないのであれば、補う戦術を指揮官は授けるべきでしょう。

攻撃ではみんな後藤の印象が強いのではないでしょうか?

あのシチュエーションで決められなければ、どうやって決めるのでしょうか?

残念ながら交代で出た選手が走らないですね。

指示は出ているのでしょうか?個人の判断で走らないだけなのでしょうか?

結局負けているのに、ずっと相手のターンでした。

時折チャンスになりますが、期待感がありませんでした。

これは得点差だけの影響ではないでしょう。

連戦の影響がモロに出た試合とも言えます。

かなりネガティブなことが重なった試合です。

次はあの川崎です。

2連敗で7失点したチームはどれだけやられるのでしょうか…。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする