【レビュー川崎戦】同じカテゴリのチーム同士の対戦??

正直、同じカテゴリーのチーム同士の対戦とは思えない結果と内容です。

シュートを33本撃たれて、5-0で敗戦です。

大久保はセーブ面では良く、何本もシュートストップをしていました。

止められていなければ二桁失点も普通にあった内容です。

前からのプレスをはがせずに、ずっと相手のターンでした。

シュートを打たれまくられた要因でしょう。

守備のアプローチのポイントも定まっていないので、自陣にただ人がいるだけです。

守備ブロックの前と間を使われる

戻っていない右サイドの裏をバンバン通される。

技術云々もさることながら、判断が絶望的におかしいですね。

考えてプレーをしていないのでしょうか。

結局押し込まれているので、わずかなカウンター機でも前に走れていません。

重心が後ろになったまま、切り替えられない選手が多すぎですね。

岡崎についてはいろいろなところで叩かれているでしょうから、私は触れないでおきましょう。

相手も中2日のターン―オーバーのチームです。

そこにここまでやられるというのが、今のエスパルスのレベルです。

他のJ1チームであれば、ここまでの内容と結果にはならないでしょう。

もしかしたら下のカテゴリのチームでもかもしれません。

それほどひどい内容です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする