細かい守備戦術に着手をする模様

エスパルスは現在リーグ最多の失点です。

13試合で29失点です。

1試合平均2.2という数値です。

言い換えれば2失点であれば、抑えたほうということになります。

こんな状態は異常事態といっても良いでしょう。

監督も守備に細かく取り組むとコメントをしているようです。

これまでやってこなかったのでしょうか?

河井と大久保もオンライン取材の中で「守備」に言及をしてます。

攻撃を整えるよりも守備を整える方が容易です。

ただ守備に意識が強くなると、攻撃へ御切り替えが遅くなります。

これまでも押し込まれた時に、カウンターに行けないエスパルスであればなおさらです。

練習メニューからも、攻守をセットしたものでしたが、それでは足りなかったということでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする