【レビュー横浜FM戦】ついに戦術を放棄!?後半のシュートはゼロ

残念ながら7連敗となりました。

開始早々退場者を出し、3失点をして前半でゲームが決まっていました。

昨日の試合は急造3バックのシステムで臨みました。

中断期の練習試合等で試したいたことはありましたが、ヘナトがCBに入るなどぶっつけであることは間違いありません。

開始早々の失点は、不慣れな選手の隙を突かれて点を取られました。

唯人がまた抜きで完璧に抜かれて、クロスを押し込まれました。

CBとWBも含めてエリア内に4人以上いたのに、フリーでシュートを打たれました。

ミートはせずニアに来たボールでも、GKは止められませんでした。

全てにおいて準備不足から起こったプレーです。

5バックなのに裏をとられることは変わりませんでした。

パスの出し手にプレッシャーがかかっていない上に、DF陣も準備できていないので、バンバン裏を通されていました。

5バックのシステムではあまり見られない光景です。

その結果、立田がファールをするしかなく1発退場に追い込まれました。

この時点でリードも許しているし、試合終了となりました。

3バックで臨んだシステムも4バックにせざるを得なくなり、試すことすら許されませんでした。

その後は10人で戦い、前半で3失点です。

全てクロスからの失点です。

前半はエスパルスの方がクロス数は多かったかもしれません。

しかしシュートにつながることは皆無です。

一方横浜FMは簡単に得点を奪っています。

エスパルスはこれまでの戦術を捨てたようにも思えます。

GKからのボールはほとんど前に蹴っていました。

つなぐのではなく、裏のスペースを狙うパスを多用していました。

相手陣内に大きなスペースがあるので、狙ったのかもしれませんが…。

とは言え、これまでやろうとしていたことをすべて手放したようにも見えます。

篠田コーチが指揮を執っているのかと思うほどです。

ただ、その結果何が残ったかといえば、まったく連携が無くなったということです。

ボールを持っていても、ドリブルをするしかありません。

もちろん孤立するので相手に潰され続けます。

すこしプレーの余裕がある場面でも、縦に蹴るだけです。

後半のシュートはまさかのゼロです。

失点をしなかったと言え、相手のシュートミスによるものです。

フリーでのシュートが枠に飛んでいたら、大量失点でした。

唯一光ったシーンは74分の西澤のクロスの場面でしょうか?

逆サイドに誰も走っていなかったので、チャンスとは数えられませんでしたが、良いシーンです。

西澤にボールが出る前に、唯人がサイドから中にボールを運びました。

このプレーにより、相手も中に絞りサイドの西澤が空きました。

ドリブルで切り込みクロスまでもって言ったシーンです。

このパターンをずっとやっていけばよいのですが、2度しかありません。

しかもそれをやっていたのが、高卒ルーキーで初めてのサイドバックを務めている選手です。

このプレーを見て、他の選手はどう思ったのでしょうか?

前から行ってもやられる

後ろでブロック作ってもやられる

シュートも打てない

これでは勝ち点が取れるはずもありませんね。

連敗は今年中に止めることはできるのでしょうか?

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『【レビュー横浜FM戦】ついに戦術を放棄!?後半のシュートはゼロ』へのコメント

  1. 名前:はすき 投稿日:2020/09/17(木) 23:14:17 ID:1f904f86d 返信

    こんばんは。
    自分は0-2でさすがに観るのやめました。
    立田が退場しなければ負けないとは言わないまでも面白い形は作れたのでは?と前半のプレーをみて感じました。
    3バックにしても失点の形が変わらない。
    プレスが弱いから簡単に裏をつかれるし、全部が中途半端だからなんとなくやられて失点する。ゴトビの時みたいにハイラインならならしっかりコンパクトにして、相手のショートパスすら繋げないくらいにするか、守る時は引いてブロックを作ってしっかり守るとかしないと失点は減らないと思います。

    主様のおっしゃる唯人のプレーは見ていないですが想像がつくし、今の清水に必要なプレーだとも感じます。某サッカー記事にて清水はパスに固執しすぎている。と言う記事を読みました。まさに自分も同じ意見で唯人だけではないですが、西澤なんかも縦だったり、シュートを意識してるからこそ可能性を感じると思います。

  2. 名前:さいとぅ~ん 投稿日:2020/09/19(土) 05:40:13 ID:11686a5b7 返信

    はすきさん
    コメントありがとうございます。

    3バック(5バック)にしても、守備の時選手の立ち位置が一緒でした。

    なぜ5枚並んでいるのに、サイドが空くのだろう?裏をとられるのだろう?と
    とても不思議な状態でした。

    後半は全員自陣に戻って9枚でブロックを作っていましたが、止められませんでした。
    無失点だったのは、相手のシュートの集中力の低下でしたね。