【レビュー広島戦】やりたかったことが少しは見せたか…でも3失点

久しぶりに2得点を奪いましたが、3失点で結局連敗です。

相手は完全にターンオーバーで臨んできました。

エスパルスも少しメンバーを変えてきました。

一番は西部でしょうか。

1失点目のFKくらいは止めてほしかったですね。

止めるチャンスは少なかったかもしれませんが、3失点ですからね。

守備も前半は自陣に押し込まれ、ただ人がいるだけでした。

ボールホルダーにアプローチがなく、相手に自由にプレーをさせていました。

その相手も永井の負傷交代で流れが変わりました。

守備のスイッチが入らなくなったので、エスパルスがボールを回すことができましたね。

しかし、真ん中の崩しを練習していたのではないのでしょうか?

連動はなく、シュートまで行けないシーンが多かったですね。

後半は高い位置でボールを奪うことができました。

後藤の得点の場面がやりたかったことなのでしょう。

6人がPAに侵入していました。

ヘナトの守備力が高いですし、西村も守備で効いていました。

2人を中盤に置いたほうが良いのではないでしょうか。

得点を奪ってもすぐに失点をしているので、ゲームとしては最低ですが、少しは見られるところがありました。

ただ3失点をしています。

こんな結果で少し良かったと思えるのが情けないですね。

久しぶりに勝ち点が取れる可能性がある試合でした。

雨と風と相手のメンバーのおかげだと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『【レビュー広島戦】やりたかったことが少しは見せたか…でも3失点』へのコメント

  1. 名前:はすき 投稿日:2020/10/11(日) 13:14:01 ID:0120072eb 返信

    こんにちは。
    1試合だけで見ると評価は出来るんですよね。ただ今までのがあるから素直に評価していいのか?と自分はなりますね。
    広島が受けにリードして受けに回ってくれたのもありますけどね。
    全体的な守備は相変わらずでしたが、前向きな守備は出来ていたと感じました。得点に繋がった六平のカットもそうですが、西村、ヘナトも良いカットがありましたね。
    六平をリベロみたいに使い、立田が戻れば立田を左CBにしてヘナトを一列前にあげるのがベストに感じますね。
    竹内アンカーでインサイドにヘナト、西村、河井、唯人、中村で相手によって組み合わせ変えるのがいいのかな?と。
    ただ結局、どれがベストな組み合わせがわからない。最適解が見つからないのが結局の問題なんだと思います。

  2. 名前:さいとぅ~ん 投稿日:2020/10/12(月) 05:04:35 ID:fa94288f9 返信

    はすきさん
    コメントありがとうございます。

    ベストな組み合わせを見つけるには、戦術の明確なゴールが必要ですよね。
    そこが定まっていないので、場当たり的なのではないでしょうか。

    ゴール?→最適な組み合わせ??
    こんな感じでしょうか。