【プレビュー柏戦】お互いパスがつながらない低調な試合

厳しい試合でしたがスコアレスで勝ち点1と取ることができました。

4バック

ヘナト ボランチ

エウシーニョ サイドバック

元々の取り組みに戻してきました。

一応の結果が出たということでしょうか。

立ち上がりから中2日の柏の動きが重かったこともあり、低調な試合でした。

柏はミスが多く、パス成功率も70%台でした。

エスパルスもタテパスが全く通りませんでした。

左の裏にカルリーニョスを走らせるくらいしか手がありません。

ただ、前半20分のシーンに象徴されるように、守備への切り替えの意識は持てていたようです。

しかし、90分続けるには至らなかったですが…。

後半に入っては余計にボールを運べず、柏の最初の防衛ラインすら突破できませんでした。

個々の選手の判断が遅いですね。

本来オートマチックにボールを運べる戦術ですが、選手が考えてプレーをしなければなりません。

かみ合えば繋がりますが、かみ合わなければミスになってしまうという戦いです。

数少ないチャンスでもカルリーニョスが外しました。

本来、負けパターンですが、相手の決定力に助けられたでしょうか。

終盤、脚が止まってスペースにバンバン侵入されました。

エスパルスの守備陣はなすすべがない時間になりました。

しかし相手のシュート精度が高くなく、失点を免れたという試合でした。

とは言え、相手に助けられて勝ち点1を取れたのは良かったのではないでしょうか

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする