【レビュールヴァン鹿島戦】チャンスになる前にミスが続き敗戦

ルヴァンカップ第1戦はホームで0-1の敗戦でした。

第2戦は引き分けでも敗退が決まります。

立ち上がりは前へのパワーを感じることができました。

相手の方が少し受けていた感があります。

この時間で点が取れればよかったのですが、セットプレーであっさり失点をしました。

失点後は選手の距離感が一気に悪くなりました。

シュートが正面で助かりましたが、簡単にエリアに入られる時間が続きましたね。

もう1点入っていたら、次のステージの可能性が無くなりそうでしたが、永井が踏ん張ってくれましたね。

飲水タイムでシステムを変えて、守備に人数を割いて、何とかしのいだという感じでしょうか。

出来ることはやったのかもしれません。

鹿島の出来も決して良いとも言えなかったですね。

簡単にプレーできたのが要因か、少し雑にもみえました。

それほどプレスもかけてこなかったですし、ボールサイドによることが多くて、逆サイドがフリーになることが多かったですね。

しかしぴったりクロスが合うことなく、得点にはなりませんでした。

それ以外にもかなりスペースがある中プレーができたシーンがありましたが、自らミスをしてつぶしてしまうことが多かったですね。

技術云々もありますが、心理要因の要素も絡んでいそうですね。

力を発揮できる状態ではないのかもしれません。

最小失点、最少得点差なので、第2戦も可能性を残した状況ではあります。

現時点のフルメンバーで臨むと思うので、期待感を持たせる試合を見せてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする