【レビュー仙台戦】大きな大きな勝ち点3を手にした!

大きな大きな勝ち点3を手にしました。

厳しい戦いでしたが、勝ちました。

直前でエウシーニョと奥井が離脱するという苦しい台所事情でした。

4バックにして原と片山をサイドバックに置く、開幕と同じような布陣でした。

失点を気にしてか、前からあまり行かない印象がありました。

とはいえ、行ける場合にはプレスもかけられたので、戦術だったと思います。

下位チームにはスペースを与えなければ、失点はしにくいという判断でしょうか。

そんな中、自陣のシュートブロックから先制点が生まれました。

仙台の守備への切り替えは遅かったですね。

エスパルスが4枚入っていく中で、相手は3枚でした。

キレイには決まりませんでしたが、唯人がやっとリーグ戦初ゴールを取りました。

しかし試練があります。

自ら招いたミスからのセットプレーで失点です。

2回DFのバックパスからボールを奪われるという失態でした。

権田が止めていなければ、試合が壊れていたかもしれません。

その後は、お互いカウンターとミスからの得点で、攻撃の形は作れませんでした。

下位チーム同士の対戦という試合といっても良いですね。

後半は決定機を外して、相手ペースを持っていかれるという、これまでと同じパターンでした。

また相手は過密日程ということもあり、選手をかなり入れ替えていました。

後半勝負の雰囲気もあったので、凄く嫌な感じでしたね。

しかし先に点が入ったのはエスパルスでした。

相手の守備の判断ミスもあり、運良く決まったゴールではありましたが、先に点が取れたのは大きかったですね。

仙台の2点目も同じように、こぼれ球を外から決めるというものでした。

ただ、感じたのは勝ち越して、受けに回ったのかもしれません。

自陣で守備の人数はいるものの、圧力がかかりませんでした。

お互い、譲らない展開になったのは、ゲームとしては面白かったですね。

そして一番大きな得点が直後に生まれました。

サンタナが自分でキープしてから、そのままゴールに叩き込みました。

初めての形ではないでしょうか?

エースのゴールと呼べるようなゴールでしたね。

あのような形を期待していた人は多かったのではないでしょうか?

そのまま試合を締めて、大きな勝ち点3を手にしました。

追いつかれながらも勝ち越したことは、選手たちも自信になったと思います。

3連勝を目指せる形になりました。

P.S.

ただ何点か気になる部分はあります。

1つ目はボランチの選手の質です。

ミスで失点もありましたが、やはり攻守において弱いですね。

失点にならなかった場面でも、ポジションの悪さは目立ちました。

攻撃でもボールを持っても前にプレーができないのは相変わらずです。

中断期に他のJ1チームの試合を見ましたが、やはり質の差は感じます。

また、鈴木唯人は点を取って良くなるかと思いましたが、結局変わらなかったですね。

3点ほど決定機をつぶしていて、こちらも戦犯になるところでした。

みんなサンタナに感謝したほうが良いですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『【レビュー仙台戦】大きな大きな勝ち点3を手にした!』へのコメント

  1. 名前:はすき 投稿日:2021/06/24(木) 07:21:18 ID:8bcdb9ab3 返信

    こんにちは。
    勝ったは勝ったけどガ課題は多く見られたかな。
    結局1失点目のCKだって自分達のミスであわやって所からですしね。
    後半に修正してきたのはさすがとは思いました。
    正直、今の後ろのメンバーでキッチリ繋いでいく形はなかなか厳しいと感じました。去年もそうでしたが、4のままでビルドアップが厳しいなら竹内を一枚下ろしてSB上げるとは後半みたいに3みたいな形にするとかしないとうまく繋げないと思います。もちろん相手のシステムも絡みもありますが。
    攻撃に関しては、ポゼッションをやりたいのはわかるけど今のメンバーで4-4-2だと厳しいと言うか無理な気もします。

  2. 名前:さいとぅ~ん 投稿日:2021/06/25(金) 06:07:43 ID:cf926c5af 返信

    はすきさん
    コメントありがとうございます。

    もちろん課題は多いですね。
    昨日ビルドアップで良かった点を上げるとすれば、ビルドの出口がサンタナの空中戦でなかったところでしょうか。あまり得意ではないですからね。