【レビューFC東京戦】なすすべなく敗れる試合、飲水タイムの時点で決している…

全くなすすべなく敗れました。

最初の決定機を決めていればということもありましたが、エスパルスにとっての試合のピークはそこだったかもしれません。

ミスから失点をしてをしてから、前半飲水タイム前に試合が決まってしまいました。

前半はボールを持っていても、結局井林に戻すこととなり、ここで時間がかかります。

出しどころを探しているうちに選択肢がなくなり、横のヴァウドかGKにパス。

この時点で選択肢はなく、蹴るしかありません。

サンタナが競ることが出来ればまだ良い方で、相手はノーリスクでボールを回収します。

もしミスがあったらそのまま決定機になる。

最終盤でもこんな場面をずっと繰り返しています。

後半は相手が引いてきたので、ボールを持てました。

しかしエスパルスの選手は、プレーの確率が高い方を選択します。

その結果、ゴールやシュートの確率を下げるだけで、全く決定機が作れません。

両サイドバックの2人は特にひどかったですね。

見ていてチャレンジしたプレーを見せていたのは、途中出場の中村くらいではないでしょうか?

エスパルスのプレーの制度の低さは、もう慣れてしまっているのかもしれません。

フリーで逆サイドの選手に出ただけで拍手が起きます。

こんなチームはエスパルスだけではないでしょうか…。

開幕前はミリ単位守備と評されたものも、ポジションを守り外に追いやる守備です。

中方向に攻撃のベクトルを向けられるともろいですね。

結局、ファールでしか止めることが出来ない守備でした。

今節は湘南が勝ち点1を積み上げただけで、下位チームは軒並み敗れました。

降格圏とのポイント差が詰まらなかったことが救いです。

リスクにおびえず、チャレンジしたプレーをしないと勝ち点は取れなさそうです。

さすがに残り試合全敗では残留は出来ないでしょう。

しかし覚悟しなければならいと感じる試合でしたね…。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする