「岡山を支える清水3人衆」という記事で取り上げられた3人

水面下では来季の編成に動いていることと思います。

編成の中で、期限付き移籍をしている選手たちの来期についても気になります。

J2岡山に期限付き移籍をしている3選手が報道で取り上げられていました。

岡山では梅田、石毛、川本がプレーをしています。

梅田は6月からポジションを獲得し、リーグの失点数2位という守備に貢献しています。

昨シーズンは経験を積んだものの、最多失点という苦しい結果でした。

カテゴリは変わったものの、結果がついてきているのは良いことです。

梅田はシュートセーブの前に、小さなステップを踏む癖が気になっていましたが、改善されたのでしょうか?

別の報道で注目の6人にも取り上げられていましたね。

まずは年代別代表に選ばれるようになると良いですね。

石毛は移籍をしてよかったと思います。

ロティーナ体制では出場機会は得られなかったことでしょう。

今年のJ2ベストゴールになるのではないかという、素晴らしいシュートを決めました。

移籍をしてすぐに怪我をしてしまったので、石毛のサッカー人生は本当に厳しくなると思いましたが、活躍の場を自分で創り出せたのは本当に良かったです。

川本は報道の中でも一番扱いが微妙でしたね。

シーズン序盤で魅せた強烈なミドルはインパクトがありました。

しかし、総合力で足りないのか夏の補強により序列が下がりました。

途中出場にもかかわらず守備に貢献できないといったような甘さがまだ見えます。

ポテンシャルは示せているのですが、この辺りの改善が見られないとJ1で戦うのは現状では難しいかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする