【レビュー広島戦】ちゃんとしたフットボールで勝ち点3を獲得!

広島戦では大きな勝ち点3を積み上げることが出来ました。

試合を振り返ってみましょう。

立ち上がりは少し緊張があったのでしょうか?

いきなり押し込まれてリズムを失いました。

前から行こうという意識は明らかでしたが、プレスがかぶってしまうなど焦りもあったのでしょうか?

ただ広島もミスが出て自ら流れを手放した感があります。

自陣での横パスを唯人がカットして、GKと1対1になりそうな場面がありました。

結局、シュートまで行けずにチャンスをつぶしてしまいます。

そこからボールを持てるようになったのですが、井林の悪い癖で立ったままボールを持っているのでプレスの標的となりリズムが出ませんでした。

カウンターに場面も作るのですが、かなり良い形でも2TOPがシュートまで行けません。

シーズン通してカウンターのカタチを作ってきていないので、単騎で行くだけなので仕方がないかもしれませんが、残念なシーンが立てr続けにありました。

ただチャンスを作ることで、確実にテンポが上がってきましたね。

ワンタッチプレーが入るようになりました。

この辺りは平岡監督による改善であることは間違いありません。

ポンポンとリズムよくパスがつながり、スペースに向けて前に進むことが出来ます。

裏への狙いも織り交ぜて、縦への勢いもかなりありました。

選手たちはプレーの後に動きを止めないので、躍動感がありました。

ちゃんとしたフットボールを見られた気がします。

その流れで先制点が生まれます。

鈴木義宜のすごいスルーパスが出ました。

唯人の質の高い抜け出しを見逃さずに、素晴らしいボールを出しました。

シュートは決まりませんでしたが、ポストの跳ね返りをサンタナが押し込みました。

ストライカーにふさわしいゴールのカタチでしたね。

チャレンジが結実したことは非常に大きかったと思います。

決定機を決めきれなかった嫌な雰囲気も一掃できました。

試合が動いた後は広島もボールを握り始めました。

ただ、サイドを使ってブロックを広げても、空いたところを使えていなかったので助かりました。

前半の勢いのまま追加点が欲しかったですね。

後半は少し受けに回ったのか、相手のペースで試合が進みます。

流れを断ち切るためにサンタナがミドルを打っていきましたが、効果はありませんでした。

前半飛ばした影響か、ボールホルダーへのアプローチが遅くなり、簡単に運ばれてしまいます。

その流れで決定機を作られましたが、権田が止めてくれました。

確実にクロスまで持っていかれる展開の中、昨年やられたジュニオールサントスが出てきたので、流れはさらに嫌な感じになります。

相手陣地でのプレーを大事にしたかったのですが、ミスも出てしまい後半はずっと相手のペースでした。

ただエスパルスの選手たちは最後まで、体を張って止めていました。

攻め込まれてはいたものの、後半の決定機は2本に抑えて、両方とも権田がセーブをしてくれました。

後半から出た選手も、前に運ぶ姿勢を見せてくれていたので、ずっと攻められっぱなしというわけではなかったので、時間が進むのがそれほど遅くは感じなかったですね。

16試合ぶりのクリーンシートで勝ち点3を取りました。

残留争いをしているチームがすべて勝っていたので、非常に大きな勝利でした。

負けていたら降格圏に落ちていましたね。

先ほども書きましたが「ちゃんとしたフットボール」を見られた試合でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする