【レビューC大阪戦】見事勝ち切って来季J1の舞台を手に!!

最終節で見事な逆転勝利で残留をつかみ取りました。

リーグの最後で3連勝と最高の結果で締めくくることができました。

何はともあれ、本当に良かったですね。

試合は立ち上がりからエスパルスが押し込みました。

ファーストシュートから良い場面を作り、良い試合の入り方をしたと思います。

守備でも前からしっかりアプローチに行けていました。

臆することなく良い試合の入りだったと思います。

一方でC大阪の試合の入り方は本当に良くなかったですね。

立ち上がりに決め切りたかったのですが、そう甘い展開とはなりませんでした。

C大阪はサイドにボールを振って、揺さぶろうとしていましたが、エスパルスの守備陣は全く崩される気配はありませんでした。

シュートにほとんどいけなかったのですが、ファーストシュートがポストを叩く危ないシーンを創られました。

前半の終わりごろから、ボールへのアプローチが遅れ気味になりました。

松岡がイエローをもらって影響があったのかもしれません。

嫌な流れの中、オウンゴールで失点でした。

このシーンでは風が強くなったので軌道が変わったのかもしれません。

得点が動いてからC大阪が前から圧力をかけてきました。

右サイドの原のところで詰まってしまう、エスパルスのまずいパターンにはまりかけました。

しかしアディショナルタイムにCKから同点ゴールが生まれました。

完璧なゴールでしたね。

セットプレーで振り出しに戻せたことは本当に大きかったと思います。

このゴールでエスパルスは後半の流れを引き込むことになりました。

また勝ち点を取れば自力で残留を決められるので、非常に勇気づけられるゴールでした。

後半立ち上がりも良い入りをしましたね。

少しもったいないプレーもありましたが、前半同様受けに回らなかったですね。

そして早々に逆転ゴールが生まれました、

西澤のゴールはとんでもないシュートでしたね。

左足を振りぬいて、すごいシュートを決めました。

試合後、練習でも中々ないシュートだったと言っていましたね。

ただエスパルスも得点後、リードを守り切るという戦いではなく、ペースを変えずに戦っていました。

相手がボールを持つ時間が多かったと思いますが、押し込まれているという感じではありませんでした。

ただ残り15分は相手のテンポが上がってきました。

特に中盤からのパスのタイミングが早くなり、サイドで少し上回られるシーンが出てきました。

エスパルスは立田を投入して、明確なメッセージで試合を締めにいきました。

その指揮官のメッセージを選手がプレーに表して、失点することなくゲームを締めました。

しっかりとリードを守り切り、勝利と残留をつかみ取りました。

他会場の結果をスタジアムでは出しませんでしたが、多くの人は知りながら試合を見ていたと思うので、ギリギリという雰囲気はあかったと思います。

最後に落ち着いて選手たちの頑張りと勝利を味わうことができたのではないでしょうか?

来年こそこのようなゲームを多く見たいですね。

皆様も1年間お疲れさまでした!!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする