夏の補強で成績が上向くことで、スタッツ上昇も記事で取り上げられる

エスパルスは直近の4試合で2勝2分けです。

4試合前の鳥栖戦はコロナの影響でメンバー後そろわなかったですが、夏に加入した選手が出場し始めた試合です。

夏の補強ランキングといった報道や記事でも、エスパルスは1位にあげられることが多いですね。

同じような記事で、乾、北川、ピカチュウの加入後のデータを比較した記事がありました。

得点 1.1⇒2.0

失点 1.6⇒1.1

アシスト 0.9⇒2.0

シュート 9.4⇒11.3

ラストパス 6.0⇒8.7

2勝2分なので、各データの値が上がっているのは当然です。

得失点差がプラス4あるわけなので、得失点にかかるデータは上向きます。

メンバーが揃った直近3試合は、もっとスタッツは向上していると思います。

前節も上位の柏相手に、ATまでリードをしていました。

3連勝も目前まで行けましたからね。

ただ不安な点は、前節は後半は自陣に押し込まれました。

交代選手によってパワーが落ちていくのも感じました。

エスパルス対策とまでいかなくても、他チームにとって攻略のヒントになる部分はあるでしょう。

スタメンの組み合わせと交代カードをどうするかを、もう少し詰めることが出来ると良いですね。前節は両サイドを変えてから一気にパワーが無くなりました。

コロリが収めることくらいしかできなかったですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする