エスパルスの直近勝ち点は多い?少ない?ライバルチームとの比較も

残り2試合で自動昇格枠を3チームで争う状況です。

上位チームは勝ち点を伸ばしてしのぎを削るのが普通ですが、前節は3チームすべてが勝ち点を落としています。

では直近10試合の3チームの成績を見ていきましょう。

2位 清水 5勝3分2敗 勝ち点18

3位 磐田 4勝3分3敗 勝ち点15

4位 東京V 4勝5分1敗 勝ち点17

10試合は約シーズンの1/4にあたります。

1試合平均の勝ち点に均すとシーズン最終勝ち点と同様の結果でしょうか?

エスパルスが75です。

それを考えると磐田が少し勝ち点を落としています。

エスパルスも開幕7試合で未勝利だったことを差し引くと、直近は勝ち点を落としています。

最終盤戦で調子の良いチームというのは無いようです。

エスパルスはまず次の試合に勝って、最終節に2位でつなげたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『エスパルスの直近勝ち点は多い?少ない?ライバルチームとの比較も』へのコメント

  1. 名前:aki 投稿日:2023/11/01(水) 22:41:06 ID:fdc4af9ef 返信

    この様な書込大変失礼ながら、日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事願います

    今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作し妨害、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

    世論誘導が生んだ民主党政権、中韓を利す為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退する中、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など韓国への利益誘導の為に働きました。

    メディアに踊らされあの反日政権を生み、当時の売国法や“身を切る改革”に未だ後遺症を残している事、今も隣国上げや文化破壊等、

    日本弱体と侵略に励む勢力に二度と国を売らぬ様、各党の方向性を見極め、改憲始め国の成長と強化が重要で、しかし必要なのは、
    日本人として誇りを取り戻し、世界一長く続く自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。