【大宮戦レビュー】勝ち点2を失ったのか、勝ち点1を獲ったのか

レビュー

最下位の大宮相手だったので、ホーム初勝利を期待したのですが、勝つことはできませんでした。

気をつけていたはずですが、立ち上がりに簡単に失点をしてしまいました。

あまり意図のないボールを裏に蹴られて、そこに追いつけずクロス。

中も競り切れずにあっさりと失点をした。

非常にもったいない失点であったと思います。

右サイドに村田を入れたことが、守備の面で裏目に出た形となったのでしょうか?

右に寄せられ、左へのサイドチェンジで後手を取るシーンは立ち上がりから何度もありました。

その後、盛り返すものの、相手が引いた中で崩すだけのものはなかったですね。

フリーで持っているのに判断が遅く、選択肢を自ら減らしていき、結局ミスをする。

そんな場面が多かったですし、特に数名の選手にそれが目立ちました。

自分たちの時間帯だけど、得点の匂いがしない。

磐田戦と同じ展開がよぎりましたが、失点はそこでとどまりました。

ただ、それはエスパルスが抑えたというよりは、相手のチーム力によるものだったと思います。

磐田の中村のように、中盤で違いを創れる選手がいたら失点を重ねていたのかもしれません。

後半は相手の足が完全に止まり攻め放題でしたが、決定機と呼べるものは少なかったですね。

相手のGKを脅かすような、枠内へのシュートというのはゴールの1本だけでした。

試合の内容からシュートが10本というのは物足り無さを感じます。

攻撃的なカードを切って、前への圧力を強める意図は分かりましたが、機能はしなかったですね。

とはいえ、追い付いたことは評価しなければならないのですね。

追い付くことができたというのは、チーム力が上向いてきているとも言えます。

昨日の終盤のようなフォーメンションで、もっとゴール間に迫力を出すことができたら、負け試合を引き分けにすることができます。

それに関しては、今後期待をしたいですね。

ホーム初勝利への期待

相手が最下位

相手のパフォーマンス

これらのことから、勝ち点2を落としてしまったという感情を持つ人も多いと思います。

私自身も、そういう気持ちが強いですね。

ただこの勝ち点1が次につながるのであれば、大きな成果となります。

また最後に効いてくるかもしれないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加