【プレビュー仙台戦】相手は中央からの攻撃に弱い

プレビュー

今日はリーグ9節仙台戦です。

仙台とは水曜日にルヴァンとやっているので、いろいろとイメージがついていいると思います。

お互いにメンバーが変わりますが、指揮官は同じなので、何かしらの影響はあるでしょう。

仙台は失点が18でリーグワースト1位です。

しかもここ4試合で16失点をしています。

立て続けに失点をしてしまうという癖がついているようです。

失点パターンにも特徴があります。

フットボールはセットプレーとクロスから得点が多いスポーツです。

しかし仙台はそこはあまり多くなく、中央から割られた失点が一番多くなっています。

これは組織としてうまく守れていないということですね。

エスパルスとしてはそこを突いていきたいところです。

まずはショートカウンターですね。

相手はポゼッション率は52%とボールを保持しようという傾向があります。

ただ川崎のようなパス成功率はありません。

必ずビルドアップでミスもあるでしょうし、ひっかけることもできるので、そこからの切り替えですね。

イメージとしては川崎戦の先制点のシーンですね。

あとは引かれた時です。

相手は守備の時に5バックになります。

重心が後ろになるので、その前ではボールを回せるはずです。

セオリーはどちらかのサイドに寄せて、逆サイドへ展開

というのが良いのですが、その展開力はエスパルスにはありません。

くさびを入れてからサイドに展開

松原や村田がサイドで積極的に仕掛けていく

そこからもう一度中に

という形でしょう。

ただ相手は跳ね返すことは強いので

グラウンダーのやマイナスのクロスなど工夫は必要でしょう。

相手の失点パターンを考えても、縦のパスが重要ですね。

ボランチの2人はチャレンジをしていってほしいですね。

ミスをしたとしても、切り替えの準備をしていれば、チームとして守れるはずです。

前回のホームゲームでは、ものすごく緩い入り方をしました。

そしてその時間帯に失点をしました。

結果、相手に今季初の勝ち点を与えることとなってしまいました。

ホーム初勝利は欲しいですが、あまり意識しすぎないほうがいいと思います。

勝つときは勝つわけですから、入りからしっかりとする意識だけでいいと思います。

1つ1つのプレーに欲を出さずに戦ってほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加