【プレビュー川崎戦】90分耐える試合 勝機は中盤選手のプレー

プレビュー

今日で過密日程15連戦が終わります。

ここから2ヶ月の中断期に入ります。

選手もサポーターも中断期を気分よく過ごすには、勝利して終えたいところです。

しかし、今日の相手は昨年チャンピオン川崎です。

昨シーズンはリーグ戦、天皇杯でなすすべなく完敗しています。

1000本以上のパスを通されたことも印象に残っています。

今年もパス数はリーグで1位です。

今日の試合も自陣に閉じ込められることが多いでしょう。

しかし得点がセットプレーとクロスからに偏っています。

昨年はショートパスからの得点が多かったですが、今年は少ないですね。

その為か、得点数もリーグ6位にとどまっています。

エスパルスと変わりません。

一方、守備では75%がセットプレーからの失点です。

ホーム等々力で勝てていないのはこの辺りが要因ではないでしょうか?

エスパルスもセットプレーで点が取れれば、チャンスが出てくるかもしれません。

ただ、残念ながらエスパルスは得点力が皆無です。

大きな選手がそろっているのですが、なかなか合うことがありません。

テセがとっているイメージがありますが、ルヴァンカップで相手のDFが弱いということが一番の要因でしょう。

まずはセットプレーを取れる位置まで、どう押し返すかがポイントになります。

相手はパスを回せるということは、距離感が良いということです。

ボールを失ってもすぐに取り返しに行ける距離です。

今プレスにこれまでもエスパルスは苦しめられました。

ここを1枚でもはがせれば、前に運べると思います。

金子、河井、竹内あたりで上手くかわせれば好機につなげらるかもしれません。

クリスラン、北川が相手の裏を取れることは分かっています。

相手のプレスをかわして、一旦キープした後、一気に裏を取るというプレーがエスパルスのチャンスになるでしょう。

ここまで行ければセットプレーも取れる可能性は高くなります。

とは言え、守備がそこまで耐えられるかですね。

前節も湘南相手にほとんど責められていました。

運よく勝てた試合でした。

90分気が抜けない試合になるでしょう。

全員で耐えきることができるでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする