【レビュー鹿島戦】勝てそうな条件がそろっていたが

残念ながら連勝は3でストップしてしまいました。

また順位も落として2桁順位となりました。

勝てそうな条件はそろっていたのですが、結果が出せませんでした。

相手は

急造CB

過密日程で2試合多い

その為ターンオーバー

さらには直前で守護神の交代

このような状況でした。

特にGKの交代とCBについては非常にチャンスだと思いましたが、無得点で終わりました。

シュートこそ10本ありましたが、枠内シュートはほとんどなかったのではないでしょうか?

もう少し枠に飛ばせていれば、結果は違ったのかもしれません。

鹿島にはほとんど効果的な攻撃をさせませんでした。

レオシルバが飛び込んできたときに、少し危なそうな場面はありましたが、それ以外は完封できていました。

相手の監督も堅い守備と評価をしていました。

そんな試合でセットプレーから得点を挙げるのは鹿島らしいと言えます。

ただ今シーズンはセットプレーからのシュート率が近年に比べて落ちています。

それだけに悔しい失点と言えるでしょう。

相手は連戦が続くので70分過ぎからはペースを握れると思いました。

ただその時に効果的で無くてはならない、交代選手が機能しなかったですね。

ここの差が最後の結果になったなのかもしれないですね。

連勝をしていたから

「残念」

「悔しい」

という気持ちが芽生えたのでしょう。

開幕はスコアレスドローで

「よくやった」

という印象でした。

チームの成長があったということで受け止めたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

『【レビュー鹿島戦】勝てそうな条件がそろっていたが』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2018/08/06(月) 06:54:15 ID:c9a183096 返信

    カウンターチームには起こりうるパターンの負けなので、反省は必要ですが気にする必要は無いと思います。
    今はブレずにこの戦いを磨いて川崎戦に勝利することです。
    迷うことが落とし穴になります。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2018/08/07(火) 13:26:12 ID:0e02f56a2 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    おっしゃる通りですね!
    継続して少しでも高めていくことが大切ですね。