【プレビュー広島戦】3バックの戦術とポイント

いよいよ2019シーズンの開幕です。

昨シーズン終盤で負けなしが続き、補強も着実にされ期待の高いシーズンになる予感がありました。

しかし、ドウグラスが不整脈から移籍の可能性・・・

エウシーニョが開幕直前でケガ

と試練ともいえる状況が現れました。

チームとしての力が試されます。

FWの層が薄くなったことから、3-6-1のシステムに取り組んでいます。

監督のコメントではオプションの1つとしていますが、メンバー的にもベースのシステムにもなりそうです。

このシステムだと、WBの裏のスペースをどう埋めるかが大切です。

いくら中の3枚が強力だと言っても、サイドにつり出されてしまっては意味がありません。

ボランチがカバーするチームもあれば、スライドして対応するチームもあります。

エスパルスはボランチの守備力がそれほど高くないので、スライドで対応するでしょうか。

今日は相手も1トップです。

その1人に対して3人が残るということは避けたいですね。

仮にパトリックだとしても、3バックが残って対応するのは良くありません。

ほかのポジションで数的ギャップが生まれ、守備が後手に回ります。

ずれて、ずれて最後にフリーで決められる。

人はいるのに付ききれないことになってしまうでしょう。

相手も同じシステムですが、練度が違います。

慣れていないシステムの穴をねらわれないようにしたいですね。

攻撃に関しては航也と二人のシャドーの距離感が大事ですね。

相手の守備は9枚でブロックをつくります。

その間でどう崩せるかがポイントですね。

ワンタッチのプレーがつながれば良いのですが、航也も代表でいなかったので、そこまで新システムに馴染めているかは未知数です。

期待が高い開幕前から、不安が大きくなりつつある開幕です。

ACL出場チームが相手ですが、勝ち点を持ち帰ってきてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする