【レビュー ルヴァンG大阪戦】10人相手でも勝てないとは・・・

10人の相手にも勝てないということを示した試合になりました。

開始早々に「またか」と言えるようなセットプレーからの失点です。

改善のためのトレーニングをしているのでしょうか?

その後、PKを獲得したところは良かったと思います。

エリア内に人数をかけて侵入できていたので、PK獲得につながりました。

ハンドしていなければゴールしていました。

ただあのハンドは相手は軽率すぎですね。

早い時間帯で退場になることが分かっているにもかかわらず、あのプレーを選択しました。

エスパルスにプレゼントするために出てきたのかと言いたくなるくらいです。

しかしエスパルスはそのあと得点を奪うことができません。

公式戦初出場のGKを脅かすことすらありませんでした。

意識的に縦への攻撃も仕掛けようとしていましたが、精度にかけるものでした。

結局10人相手でも勝てないチーム

ということになりました。

目立って良い選手というのもいませんでしたし、収穫がない試合でしたね。

「課題が出た試合」と言えばそうなのかもしれませんが

あれくらいしかできないチームとみればそう映ります。

残念な感情が出る試合を、また1試合積み上げました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする