名古屋戦のゴールはトレーニングの成果がそのまま表現されたシーン

再開初戦は残念ながら逆転負けでした。

ただ得点シーンは非常に良いものでした。

中盤で金子がひっかけて、そのボールを後藤が拾う

そのままゴール前までドリブルで運ぶ

金子が右から追い越す

中央で引き付けて金子にパス

金子がそのままシュートしてゴール

このような流れでした。

金子と後藤の2人によるゴールです。

一連の金子の動きが良かったですね。

ボールを奪った流れでそのままダッシュしてゴール前に走りました。

この動きは昨シーズンまでは無かったものです。

練習の成果が出たとみて取れるシーンです。

練習の映像を見ても、守備の練習はボールを奪ったところで止めていません。

反対側のミニゴールまでボールを素早く運ぶことを繰り返していました。

正にゴールシーンは、その反復の動きそのものです。

そのシーンで
「左サイドでカルリーニョスのスプリント」
が無かったのは気になりましたが…

局地的には良いシーンがありました。

90分通して出し続けることが必要です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする