【レビュールヴァン鹿島戦】消化試合でつかんだ収穫とは?

今シーズンのルヴァンカップは全敗で終了しました。

お互い消化試合となった試合では、得点が動くオープンな展開となりました。

その中で、相手に逆転をされ敗戦となりました。

収穫と言えば選手の見極めができたことでしょうか?

リーグ戦でもチャンスがありそうな選手

かなり厳しい選手

この区別ができたのかもしれません。

例えば先制をされたシーンですが、そんなにやられる場面ではありません。

しかしプレーの流れの中の局面で、すべて相手に上回られました。

当然、そうなれば失点はします。

この一連のプレーに絡んだ選手は正直厳しいと思います。

リーグ戦ではもっと高いレベルのプレーが要求されます。

綻びの要因となってしまうでしょう。

相手の出来も悪く、自陣のパスミスが多くありました。

ショートカウンターでチャンスを作るものの、枠にシュートを飛ばせません。

この辺りは実力不足といったところでしょうか

後半は選手交代も多く、練習試合の様相でした。

オープンな展開となりましたし、リードをしている時間帯もあったので、見ていて楽しかったですね。

ただこの中でも、ミスをする選手はずっとミスをしていた印象です。

良かったのは2点目のゴールですね。

そのほかのプレーはともかく、クロスの精度は非常に良かったですね。

ドゥトラもしっかりと相手の前に入って決め切りました。

ずっと頑張っていたのが報われたカタチです。

(スタミナ切れなのか追えずに、相手のターンが続く要因にもなっていましたが)

楽しみなのは高校生の成岡選手ですね。

最初はボールに触れませんでしたが、試合終盤には君臨をしていました。

シュートシーンは筋力不足を感じましたが、それ以外のプレーは素晴らしかったですね。

ボールの受け方は非常にスキルが高く、すっと前を向くことができます。

自然にチームを前に運べる推進力がありますね。

こういった選手は多くないので貴重です。

筋力がついて、もう少し強いパスや、長いレンジのパスが出せるようになれば、相当な選手になる予感がします。

リーグ戦でも見てみたいですね。

唯人やリヨも頑張っていましたが、相手の高卒ルーキーが結果を残しているのを見ると、もう少しやってほしかったと欲が出ます。

逆言えば、その高卒ルーキーにやられる守備陣は問題かもしれません。

ルヴァンが終わり、今シーズンはリーグ戦のみです。

(天皇杯は厳しいでしょう)

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする