【レビュー浦和戦】ブラジル人プレイヤーの質の高さが顕著にわかる試合

チームにとっては湘南戦の勝利が非常に大きかったようです。

立ち上がりから見違えるように、動きが良くなっていました。

ブラジル人プレイヤーの存在の大きさが顕著でした。

トラップからも違いますし、ボールホルダーが孤立することがありません。

特にビルドアップの時のエウシーニョの存在は異質です。

斜め方向へのパス、中央に向けたトラップ、これだけでも違います。

他の選手だとサイドでのプレーがほとんど自陣に向いたものです。

CBへのパス、相手隙を突けないので安全に自陣側へのトラップがほとんどです。

ブラジル人プレイヤーの質が高いので、他の選手たちがどう絡んでいくかが今後の課題です。

唯人が昨日は中盤をやっていましたが、上手くかみ合っていたので今後も期待したいですね。

さてゲームは前線からの守備が機能していました。

相手の運動量の問題もあったのか、上手く前から嵌めることができました。

前半は相手のシュートをわずか1本に抑えたのですが、不運にも決まってしまいました。

あのシュートは仕方がない失点です。

ただそこから相手に少しボールを握られてしまったのは課題ですね。

切り替えなければならないのに、やはり勢いが落ちました。

後半は立ち上がりから元に戻り、しっかりと前から行けるようになりました。

ただミスから失点です。

レオナルド、興梠の2TOPに仕事をさせていなかったのですが、ワンプレーで決められました。

頑張っていたけれど、一瞬で仕留められるのは、現時点での格の違いかもしれません。

60分に主力選手を変えるのは予定通りだったのでしょうか?

その後はチームバランスが崩れました。

アディショナルタイムに相手の弱点であるクロスから1点返しましたが、そこまでです。

試合の大勢には影響はありません。

今後も良い試合をするものの、一瞬のスキを決められる、という試合が多いかもしれません。

それでも進歩を感じられれば良いのですが…。

また勝てないと、プレーの質まで悪くなりかねません。

負けても良かったと思っている節があるのが少し気になります。

公式レビューでも、危機感のあるコメントは立田だけでした。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする